スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おさるさん

美人のブラジルから来ている学生の、
マウスに注射をてつだってくれと言われて
「おやすい御用よ」と軽く見ていたのだが、

が、、、

Kビルディングですか?
雪降ってるし、風が吹きすさんでいるんですけど。
遠すぎよ。

この凍りつく吹雪のなかを
顔面が痛みでびしびし来て、
かなり後悔。
早く帰っておけばよかった。

Kビルディングってラボが広くてエレベーターも早いし
いい施設なんだよ。
さっそくマウスルームへ行き、注射をして出てくると
隣の部屋に

Macaca mulatta

と書いてある、、、もしかして

いたよいた。
monkey.jpg
こういうやつが
檻の中からこちらをのぞいている。
かわいい!

けどかわいそう。
死ぬまでこの檻のなかで退屈に生活しているのだなと思うと
研究のためとはいえ、けったいなことをしているものだと感じる。

Kビルは脳神経とかのラボが入るところだから
そっち系の研究に使われるのだろう。

ただ、不思議なのはマウスはサバサバさばいても罪悪感を感じないのに
さるさんは檻に入れられているだけでかわいそうと感じることだ。

そりゃマウスよりはさるさんのほうが人間に似ているから
自己投影がしやすいからなのかな?

いや、あのおりの中からこちらを見ている表情だろうか?
と、2008年の最後の日、思いました。

comment

Secret

QRコード

QRコード
Twitter...

Twitter Reload

RSSs
Recent Comment
Links
Mail me!

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
You can always count on me.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。