スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えいかがラボにやってきた

今日はユダヤ教の祝日ということで公立の学校は全て休み。

まったく、休みが多すぎ。

というわけでえいかをラボへ連れて行くことに。



えいかはラボが好き。

このまえ来た時は

BALB/Cのネズミさんたちのルビーのような赤い目とか

Hela細胞を顕微鏡で見たら

「It's so beautiful. They are like diamonds.」

とか言ってたし。




今日はBumiの娘Raniaも来ていて

二人で手をつなぎながらはしゃいでいた。

Hybridomaの細胞たちを見せたら

「They are different from what I saw last time. These are like bubbles.」

とな。

ちゃんと見ている。

細胞もいろんな種類に分化したのがあるのだと説明。

えいかは細胞でできているのだというと不思議そうな顔をしていた。

そう、世の中不思議なことはいっぱいあるのだ。

そういう不思議をいっぱい感じられるような子に育ってほしい。
スポンサーサイト

がらがら

ここ数日はラボががらがら。
自分はほそぼそと実験中。

なかなかスライドのIncubation条件が悪いようで、
In vivoのサンプルがちゃんと染色されないなぁ。
In vitroのはちゃんと染まっているのにね。
抗体の量とIncubationの時間を変更。

Legend of Headless Cell Phone

ケイタイ紛失してから
昔のケイタイを復活させて使っていたのだが、

賢寿のボタン連打攻撃に耐えきれず故障した様子。
画面が真っ青なのだが、普通に通話できる。

が、電話帳機能が使えないので不便だ。

2年契約が切れるのが半年以上先なので
気軽に買い替えともいかない。

うーん、eBayで安いの拾うか?

Haiku OS on Dell mini 12

haiku-os

Haiku OSがやってきた。

まだまだAlpha1なのだが、
かなりの噂になっている。
未来のコンピューティングがここにあるそうな。
Multi threadingがすごいことになってるOSで
軽くて早いとのこと。

で、早速Dell Mini 12で遊んでみると、
起動がむっちゃ早い。
が、GMA500の呪いがまたも現れ
解像度がちゃんとならないな。
これはHaiku OSのせいではない。
Dell/Intelの****!

グラフィックが死んでいるのにもかかわらずXubuntuと同じぐらいの反応。
USBのスティックから起動とは思えない。
これがGMA950だったらサクサクなんだろうな。

中身はちょっとパラダイムが違うので混乱しそうだが
もうちょっと整備されてからHDに入れようか。

実はHaiku OSはまだWirelessが効かないので
Netbookには使えない。まだAlpha1だからね。
Betaですらない。それなのにこのClosedなPoulsbo/GMA500で
さらっと起動してしまうのだから
期待させてくれる。

theme : ネットブック
genre : コンピュータ

メガじいさん

賢寿がうたっています。



とんとんとんとん


めがじいさん。


とんとんとんとん


めがじいさん。


とんとんとんとん


めがじいさん。

これが延々と続く。
ヒゲじいさんこぶじいさんとめがねさんが混ざっている様子。

釣れた! salmonB4

きたきた。ついに釣れたよ。
一匹だけだがかなりターゲットに対してSpecific。

クローンたちは魚の名前がついている。
初めの2000Well(正確には96x20)たちはプレートナンバーとWellナンバーで
管理されていたのだが、クローンした後同じように名前をつけると混乱するので
何かほかの方法をと考えていたら
ボスがスクリーニングの前に言っていた
「これはFishing Expeditionだ(釣れるか釣れないか分からない)」
と言うのを思い出して魚の名前+Wellナンバーで管理したのだ。

次はAffinity ColumnでAntigenをキャプチャしてMassSpecだろう。

とりあえず解凍してたくさんAbつくらなきゃ。

とほほな故障

高速をでると
忙しそうなBronxの風景。

ん!

変な音がする。
ガラガラガラ。
Hoodを開けてみるとエンジンの近くから聞こえる。

やばいな。

というわけで、早めに実験を切り上げてSato Autoに行こうと
しばらく運転していると突然止まった。

あああ、どうしようか。
慣性でなんとか道の端にとめ、
Hoodをあけて見てみるが素人なのでよく分からん。
ふと目に入ったのが水たまり。

ん、、、違うな。赤い。
冷却水がもれている、、、ということは
エンジンを焼いてしまったかな。
そしたらもうこの車だめか。

どうしようもないので近くのインド人経営の修理店へ。
ここは前回ボッタクリ的に修理しなくてもよいところまでやられて
ちっと印象がわるい。

レッカー車で引っ張ってもらって見積りしてもらうと
税込みで$1300也。
ラジエーター、ヲーターポンプ、タイミングベルトなどなど。
でもどれが本当に必要かわからないんですけど。
高いなと言ったらエンジンが焼けなかっただけでも喜べとのこと。

もう製造後11年たってるからしょうがないのかもしれないが、
とほほ、もうすでにこれまでの修理代が購入代をこえてる。

Windows 7 RC1 Review1

Vistaの調子が悪くなってきたのでそろそろ再インストールすべきと思っていたのだが、バックアップがめんどくさかったのでずるずるとひきずっていた。ついでにPCLOSもVDPAUができないようなのでUbuntuいれてVDPAUするかと。

労力をつぎ込んで再インストールならいまさらVistaじゃ、、、つまらない。ということでWindows 7のRC(製品候補版)を。

が、Microsoftのサイトに行ってみるともうダウンロードは終了しましたとのこと。遅かったか、、、。しかしまだRCのライセンスキーが手に入る。キーを配るんだったらなんでダウンロードが、、、Torrentしろとでも言うのか!

というわけでTorrentzへ行ってみるとあるある。しかもRTM(製品版)じゃん。RTMを入れるのは違法なんですが、なんでRTMばっかなの???32ビット版のRCをようやく発見。DVDに焼いて、もとのPCの中身を外付けHDに退避。Win7をインストール。作業は問題なくすすみ、RCのキーをいれてActivation。

やはりVistaより反応が早い。すっきりしてる。まだ使い始めて間もないのだが、今のところ順調。といってもUIはVistaとあまり変わりがない。えあろもちゃんと動くし。立ち上がっている各ウィンドウはタスクバーのところにアイコンで整理されてその上にマウスを持っていくと小さなポップアップのウィンドウがいくつか出てきて選択できるのはなかなか便利。ま、Compizほどではないが、、、。

ま、しばらく使っているうちにいろいろ文句もでてくることだろう。あとはPCLOSの入っていたPartitionにUbuntuかKubuntuいれよう。

QRコード

QRコード
Twitter...

Twitter Reload

RSSs
Recent Comment
Links
Mail me!

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
You can always count on me.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。